換気扇

トイレ換気扇の分解方法

今回はトイレ換気扇の分解方法について解説していきたいと思います。
今回の記事内容以外にも沢山タイプがあるかと思いますが、それにも対応できるよう
ポイントもお伝えしていきます。

タイプ別

①つまみ型タイプ

こちらはファンや手前のカバーがつまみワンタッチで外れるビスなしの換気扇タイプです。
ビスが無いので脱着が簡単です。両方とも中央のつまみを摘まむと外れます。

②軸穴タイプ

こちらは中央軸の棒にただ刺さっているだけのプロペラタイプです。このタイプの注意点としては、「羽を持って引っ張ると折れる」ことです。取り外しの際は中央部分をプライヤーで挟んで、まっすぐ引き抜きましょう。

③縦型タイプ

古い物件の1Rに多いのがこのタイプです。こちらは分解が困難なので、毛刷毛と掃除機で対応しています。

④裏ビスありタイプ

こちらは裏からもビスで止まっているタイプです。鉄板が止まっているビスを外すと、このように中身ごと取り出せます。裏からのビスを外すことでファンカバーが外れ、ファンを分解できます。

⑤色んなカバータイプ

爪で止まっているタイプ


こちらは手前の丸いカバーが爪で噛んでいるので引っ張ると取れます。あとは中央の六角ビスをプライヤーでつまんで外します。


こちらはボックスに爪が出ていて引っかかるタイプ。爪の部分をマイナスかケレン棒で押して爪を引っ込めた状態で手前の黒いカバーを外します。

ビス+爪タイプ


こちらのカバーはビスを取っても外れなかったので、鉄板を外し裏ビスを確認してみましたがビスはなく爪で噛んでいるだけでした。


こちらも見えている2つのビス、左上と右下の爪で噛んでます。
中央上下にある鉄のプレートも爪みたいになっています。

この2つのタイプの中央ストッパーはコイル止めです。プライヤーで挟んで引き抜きましょう。また、ファンの裏に握りこむように両指を入れ、真下に力を入れても取れやすいです。

 

プラスチックビスタイプ

手前カバーのストッパーがプラスチックのタイプです。プライヤーで頭を挟んで引き抜きます。雄雌構造になっております。

ワンポイントアドバイス

①ホコリは掃除機で奥まで吸いましょう

外部ダクトからの逆風でホコリが室内に落ちますので、ホコリは掃除機で吸いましょう。
せっかくキレイにしたところも、気が付いてみたらホコリ塗れということも、、、。

②トイレ換気扇分解時にドライバーを落とさないこと

ドライバーやプライヤーを誤って落とすと、便器に当たって割れるケースがあります。

 

以降はマジオキ加盟者のみのコンテンツになります。加盟者は新規登録をお願いします。

既存ユーザのログイン