エアコン分解

家庭用エアコンの基本的な洗浄方法

今回はノーマルエアコンの養生から洗浄方法までを解説していきます。

まずここまで分解します。分解時の注意点はノーマルエアコン分解で気をつけるポイントをご覧ください。

養生方法

基盤部分

基盤に水がかかると壊れます。タオルをかませるのと、コロナマスカーで養生しましょう。
また、エアコンパネルを取り付けするときにパネル内部に水が付いていると、その水が基盤に垂れてエラーを起こします。洗ったパネルは拭き上げてから取り付けしましょう。

壁の養生

エアコンの洗浄液や汚水が壁に垂れたり、飛んだりします。元々ヤニなどで汚れているクロスなどは洗浄液によってキレイに、垂れ跡になります。特に注意するのは漆喰壁や、和室などの土壁です。汚水が付くと元に戻りませんので、そのような壁についたエアコンを洗浄するときは細心の注意が必要です。養生は完璧にしましょう。

コロナマスカー養生のテープ部分の粘着は結構強いので、最初にマスカーテープを貼ってその上に貼ると良いと思います。

エアコン下部と壁の隙間にタオルをかませる

エアコンの下部と壁の隙間にタオルをかませることで垂れたときのリスクが減ります。
エアコン上部を洗浄する時に水がOBして背板側(エアコンの裏側)から水が漏れることがあります。その手の漏れはタオルをかませることでリスク回避できます。

風向の下にガムテープを貼って汚水をホッパーに誘導する

ファンを洗浄したときに、汚水がエアコン下部に伝っていき、壁に垂れることがあります。
この赤いガムテープの様に風がでるところの下をきっちり隙間なく止めて、汚水がホッパーに流れるようにするとそのリスクが減ります。もし不安でしたら、そのガムテープの上からさらにコロナマスカー養生を貼って、マスカーで汚水をホッパーに誘導しましょう。

 

床はブルーシートで養生

汚水が床に付くとワックスなどが剥げてしまいます。ブルーシート、あるいは防水シートで養生しましょう。

洗浄方法

エアコン洗浄剤をフィン1枚1枚に当たるように満遍なく塗布し少し効かせて、エアコン専用の高圧ポンプで洗浄していきます。
熱交換器を洗浄する時のポイントを説明します。

フィンに対して垂直に打つ

熱交換器のフィン一枚一枚をキレイに洗いたいので、確実高圧が当たるように洗浄ガンはフィンに対して垂直に当てましょう。

ゆっくり丁寧に

ガンを動かすときはゆっくり動かしましょう。横にスライドで良いと思います。

基盤の方にガンを向けない

基盤の方向にガンを向けると基盤に水がかかる恐れがあります。スライドして基盤部分に差し掛かってきたときは反対方向に向けましょう。基盤の根元の部分までキレイに打ちたいところですが最初は大事を取って1センチ手前で抑えましょう。

  1. エアコン洗浄動画


 

ファンを打つ時は手で支える

ファンに高圧を当てると勢いでファンモーターは逆回転します。逆回転すると電流が基盤の方へ行き、基盤が壊れることがあります。左手でファンを抑え、少しづつ回転させながら洗浄していきましょう。

ホッパー・ドレンへの汚水配慮

ポッパーは汚水バケツに確実に入ってなかったりすると床に汚水が垂れてしまいます。
洗浄しながら汚水がしっかりホッパーに入っているかどうか、汚水バケツの中にしっかり入っているかどうか、確認しながら作業しましょう。
また、熱交換器を洗う時に、ドレン一体型やドレンを外さない場合で洗浄する時で気をつけるポイントとしては、ドレンは一定量の水がたまるとオーバーフローしてしまいますので、少し洗浄したら止めて、ドレンホースから水が流れているか、またある程度水が引いたところで再度洗浄を繰り返しましょう。オーバーフローすると、基盤が濡れる可能性があります。

 

 

以降はマジオキ加盟者のみのコンテンツになります。加盟者は新規登録をお願いします。

既存ユーザのログイン