床掃除

ワックス半剥離のメンテナンスについて

今回は床の洗浄ワックスのメンテナンスについて解説していきます。

店舗や施設などの床の多くはwax管理をしていると思います。
まず床洗浄をして、その後waxを1枚、または数回重ね塗りをします。
そこで厄介になるのが「塗り重ねられたワックスを剥離しないといけない」ということです。1年間のメンテナンスで年に1回のペースでwaxを剥離しないといけない。

剥離作業は大変だし、コストもかかるため、出来ればやらずに抑えたい。
そんな場合に行われる作業として「半剥離」というのがあります。
最初にwaxをある程度分厚く塗って、その後のメンテナンスでワックスの表面を削りながら管理していくというものです。この管理方法ですと、表面の1・2枚が削れることで汚れも落ち、ワックスの分厚さも保てます。作業自体は洗浄ワックスと同じ作業なので簡単ですね。 大きな違いは専用の洗剤とアジテーションです。

まずは洗剤から。

以降はマジオキ加盟者のみのコンテンツになります。加盟者は新規登録をお願いします。

既存ユーザのログイン